東京の不味いうどんを食べてみたいあなたに

どんなものでも、東西で味付けが違うわけですが、東西の違いといえばやはりうどんが思い浮かびます。

すごく簡単にいってしまえば、東京のうどんは不味く、西日本のうどんはフツウに美味いという身もふたもないことになってしまいます。

関東の蕎麦やうどんで育った私でも、子供の頃に最初に四国のうどんを食べた時、断然美味いと思いました。

カップうどんとか、東西で商品を分けているので、東京土産にまずいカップうどんを買ってくるのが、ネタとして流行ってたりしますよね。

最近では、ありがたいことに、讃岐うどんが有名になって、東京にもチェーン店が進出し、だいぶ西の味が普及してきてはいます。

でも、チェーン店といっても、ある程度味を調整しているようで、同じ系列でも、大阪や神戸で食べる方が美味しいです。

でも、いまだに関東では、西日本のうどんを美味いと感じない人も多いです。これ、すごく不思議だったんですが、もしかすると、食べ方が違うのかもしれないです。

関東では、うどん汁とはいいますが、ダシとはいわないですね。ヒガシマルうどんスープとか、スープとかダシという呼称の背景には、そのスープ単体で飲んで美味しいものという意識があると思います。

でも、汁というと、これはつけ汁なんじゃないかなと。つけ麺ではないにしても、やはり汁は麺に味をつけるだけのものであって、それ単体で飲むという意識があまりないというか。

東京で蕎麦やうどんを食べるときには、味の付いた麺を味わって、汁をフツウに残しますけど、西日本のうどんだったら、麺とダシを一緒に食べる感じがします。

東京のうどんを、ダシの感覚で食べてしまうと、味が濃すぎるわけです。西の食べ方だと、麺と多めの汁が一緒に入っていくので、予定よりも味が付きすぎると。

 

東京にいって、その不味いうどんを試してみたいという方には、ちょっとした注意点があります。

それは、うどん屋を探してしまうと、丸亀製麺とかはなまるうどんとかのチェーン店か、あるいは高級な讃岐うどんの店に入ってしまうことになるので、アレンジがあるとはいえ、味は普通です。

なので、本格的に不味いうどんを食べようと思ったら、あまり高級でない蕎麦屋を探して下さい。サラリーマンのおじさんたちが、昼食にもりそば食べてるような店です。

昔は、四国で蕎麦を食べようと思っても、うどん屋しかなくて、うどん屋で蕎麦を注文したわけですが、これと逆に、もともと東京には蕎麦屋しかなくて、うどんを食べるには蕎麦屋で頼むしかなかったんです。

なので、街の大衆的な蕎麦屋でうどんを頼めば、期待に違わぬ、伝統の不味い味が楽しめます。

それを、西日本式にダシを飲むように、たっぷりのうどん汁を、麺と一緒に口に入れてみて下さい。ウッとくる、強烈濃厚な味と香りにむせ返ることでしょう。

ちなみに、できれば美味しく食べたいという方は、視覚にまどわされることなく、「この食品はつけ麺だ」というゆるぎない信念で食べてみて下さい。

確かに汁に浸かってはいるんですが、そのつけ汁から、麺を救出して、汁を飲まずに麺だけ食べ、汁は盛大に残して下さい。そうすると、それなりに美味しく食べられますよ。

周囲のおじさんたちをみてみたら、おそらく、もりそばばかり頼んでると思います。「大もり!」という「大盛のもりそば」の略称が飛び交っていることでしょう。

うどん、誰も頼んでませんね…。おそらく、うどん派は、東京ネタを探してるあなただけです。東京では蕎麦のほうが美味いのでね。